« 2017年12月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年10月28日

咬み合わせで変わる足のしびれ

 こんにちは。 辻本です。
 朝夕はだいぶん冷え込んできましたね。
週末は台風の影響をうけそうで、野外での運動は
無理なようです。私は先週末は出張続きでしたの
で、体力の回復をまって、また軽く体を鍛えはじ
めようと思っています。
無理のない適度な負荷が大切だと考えています。


 さて、先頃治療を終えた患者さんを見て頂き
たいと思います。歯の咬み合わせは本当にカギに
なっていると実感します。
 この方は、最初下顎の歯は残す予定でしたが、
インプラントを行うには神経に近い両側の臼歯部
に造骨手術を行わなければならず(それも可能で
すが)、期間も費用も多くかかるため下顎はAll-on4
での治療を行っています。All-on4により、咬めるよ
うになるまでの期間を1年半年近く短縮できます。

 さて、土台となる歯がそろって、仮歯での調整を
始めたところ、それまで続いていた右首・肩の痛み、
右腰の痛み、右足ふくらはぎと足先のしびれが消え
ました。

調整前の顔貌は唇が左上がり(左口角が上がり)、
右肩が下がり、重心が右に乗っていました。そして、
横から見ると猫背になっていました。

この姿勢の狂いが、仮歯での調整によって、顔貌
が左右対称に揃い、肩がそろい、猫背も改善したの
と同時に全身の上記の症状も消えたのです。

 補綴が進み、上顎が最終補綴物になった時、下顎
は仮歯の状況でしたが、仮歯は磨り減りますので、
咬み合わせが少し変化し、右足甲のチリチリした
しびれが再燃しました。他の症状は全く再燃してい
ません。

興味深いことに、咬み合わせを修正して、歩いて
症状を確認してもらうと、すぐに足のしびれが消え
ます。
しびれが出るときは決まって右肩が少し下がってい
ます。右肩をそろえるように調整するとすぐに右足
甲のチリチリしたしびれが消えるのです。

下顎に最終補綴物が装着されるまでに、何度かこの
ようなことを繰り返しました。
ある規則に沿った、本当に少しの調整です。

 咬み合わせと身体バランス、体の健康について
あらためて認識させられた例です。
 
<治療前>
はるよ1.jpg

<治療後>
はるよ2.jpg
haruyo3.jpg

Google +1
2017年10月24日

「良い歯の会」東京講演と歯科相談の会が開催されました。

 丸橋全人歯科 亀井です。
 10月22日(日)に東京御茶ノ水のソラシティーで
「良い歯の会」東京講演と歯科相談の会が開催されました。
当日は台風の接近にも関わらず、多くの熱心な方が参加いただき ありがとうございました。
DSCF3155.JPG

丸橋賢先生をはじめ、矯正の丸橋裕子先生、インプラントの辻本院長、そして咬み合わせについて亀井の4題の講演も終日盛況で、各演題の後は多くの質問を頂きました。

また歯科治療相談も、相談できなかった治療の疑問を熱心に尋ねる方が途絶えることなく、関心の高さが伺えました。これらの活動は、我々の治療に於いても患者さんの声として、大変貴重なのです。DSCF3140.JPG
これからも、このような活動を通して全人歯科治療を広め、貢献していきたいと思います。
今回参加できなかった方は、ぜひ次の会にお知り合いも誘ってご参加下さい!

Google +1
2017年10月16日

インプラント新刊「インプラントの最新治療」出版

こんにちは。辻本です。
 だいぶん寒くなってきましたね。今日は今季一番の冷え込みだそ
うです。
気温差が激しいですが、体を冷やさないよう気を付けてくださいね。
私は冬場は腹巻をして体の芯を冷やさないようにしています。
もちろん、寒い日でも定期的に自転車での通勤は続け、体を動かし、
血流を促すことにも気を付けています。

 さて、今回農文協様のご協力を頂き、インプラントの実用書
「安心して受けられる インプラントの最新治療
を出版しました。
この本は単なるインプラントの話ではなく、「歯」が私たちの体の
健康にいかにかかわっているかを写真や挿絵を見ながら分かり易く
理解できる本です。
何の気なく「歯」を一本治すことの怖さ、また歯を治すことで劇的
に変わる健康が読み進めるうちに実例を通して明確になってきます。
今までの単なるノウハウ物のインプラントのほんとは全く違う視点
で書かれています。
もちろん、本の題の通り、インプラントについてのノウハウや最新
治療についても書かれています。
是非、ご一読ください。
尚、時間の許す方は、本の内容を踏まえながら東京御茶ノ水のソラ
シティーにおいて、10月22日(日曜日)に記念講演会を行いま
すので是非ご来場ください。
本.jpg

Google +1
2017年10月 8日

歯科医師合同就職説明会に出店します‼


こんにちは。丸橋全人歯科の礒野です。

この度、12月3日に歯科医師合同就職説明会に出展いたします。
歯科医師専門で、多数の求職中の歯科医師と求人歯科医院が
一堂に会する合同就職説明会です。ちなみに今年の6月に東京にて開催された
就職説明会には、参加歯科医師数は224名でした。

主催者側から、出展するにあたって社会保障や教育体制の充実度
勤務医として働きやすい医院であるかや一般歯科治療からインプラントなどの
高度な診療を行っているか等の審査を受けて認められた医院のみ
参加できる就職説明会です。
今回は、25の歯科医院が出展する予定です。

当医院では約40年間、咬合と全身症状との関連を研究しており
咬合を再建するにあたって、インプラント治療も多数行っております。
咬合治療により多数の患者さんが、全身症状や精神症状(肩こり、腰痛、うつ症状や不眠
等)の改善を経験しており、この研究結果を学会に多数報告しています。

今回は、当法人の本院である丸橋全人歯科院長の辻本仁志先生の講演および
直接話が聞ける機会を設けておりますので、就職先を探されてるようでしたら
ぜひ、参加していただけたらと思います。

〈イベント名〉歯科医師 就職・転職合同説明会 GRANDE MEET UP
〈日 時〉  2017年12月3日 日曜日
〈会 場〉  新宿NSビル30F(東京都新宿区)
〈URL〉   https://grandent.net/meetup/201712tokyo/
〈アクセス〉 JR新宿西口から徒歩7分
img044.jpg


Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。