« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年7月28日

生活習慣病の予防には噛み合わせが重要

 こんにちは。丸橋ファミリー歯科の礒野です。
毎日暑い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 今回は、食事中の噛む回数とメタボリックシンドロームとの関係について
お話させていただきます。

 メタボリックシンドロームとは、高血圧、高血糖、高脂血症の状態のことで
この状態が、長期間持続すると動脈硬化が起こりやすく、その結果心筋梗塞や
脳卒中になる確立が、非常に高くなるので注意が必要です。

 メタボリックシンドロームの大きな原因の一つに、食べすぎがあげられ
カロリーの過剰な摂取によって肥満、高血圧、高脂血症、高血糖が誘発されることが
わかっています。

 食べすぎを予防するためには、食べ方を気をつけることが重要となります。
食事中の噛む回数が少なく、よく噛まずに流し込んで食べるといった
早食いの習慣のある人は、無い人に比べて肥満になりやすい
という報告があるからです。

 なぜ、よく噛む人は肥満になりにくいかといいますと
噛むことにより、歯の歯周組織や咀嚼筋(噛む運動を司る筋肉)からの
刺激が脳に伝わり、食欲を抑制されます。
 また、食べ物が消化吸収されることにより、血糖値が上昇し
脳にある満腹中枢が刺激され、早い段階で満腹感が得られるため
食べ過ぎになりにくいからです。

 しかし、よく噛まないと脳への刺激が低下し、血糖値の上昇が
遅れ、満腹中枢が働くのが遅くなります。
そのため、なかなか満腹感が得られず食べ過ぎになり
肥満になりやすくなっているのです。
 
 ですから、歯が無いとか噛み合わせがずれていて
嚙みにくい人ですと、どうしても食事中の噛む回数が少なく
食べ物を流し込むため、食べ過ぎにより肥満になりやすく
成人病を引き起こすリスクが大きくなりますので、一度歯科医院を
受診されることをお勧めします。

Google +1
2013年7月17日

丸橋ファミリー歯科、水曜日、Dr二人に!!

みなさん、こんにちは全人歯科の堀口です。よろしくお願いします。

毎週、金曜日のみ同じ高崎市内の丸橋ファミリー歯科に勤務しております。 
今月7月31日より水曜日も新たに勤務することになりました。
いままでご予約の際にひにちが空いてしまったり、同じ金曜日のご予約が取りずらっかたりと
患者様には多々ご迷惑をおかけしておりましたが、これで幾分ご予約とりやすくなったかとおもいます。
水曜日はドクター二人体制にて患者様を迎えいれる準備を整えております。
そうはいっても保険診療は短時間に大勢の患者様を診療することが求められますので、お席にて
お待ちいただくこともあろうかと思いますが、診療自体全人歯科のノウハウをもって行いますので
よろしくお願いします。
歯でお悩みのかた、大歓迎です。いつでもお待ちしております。
Google +1
2013年7月11日

定期健診は受けていますか?

 こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
高崎は連日猛暑日ですので、水分補給をこまめにとり、熱中症にならないように注意しましょう。

 ところで、みなさんは定期的に歯科健診を受けていますか?
虫歯や歯周病の早期発見、早期治療はもちろんですが、咬み合わせのチェックも定期的に受けた方がよいでしょう。
歯は使っているうちに、咬み合わせが擦り減ったり歯が動いて咬み合わせが変わってきます。
これを長い間放置しておくと、歯に余計な負担がかかってヒビが入ったり、咬合性外傷による歯槽骨の吸収が起こります。
また、咬み合わせの変化に伴う肩こりや首こりなどの原因にもなります。

 しばらく健診を受けないと、ブラッシングもだんだん自己流になり、磨き残しによる歯石沈着の原因にもなります。

 上の画像は、下顎前歯の裏側です。
 この場所は、舌の下にある舌下ヒダという場所から唾液が出てくるので磨き残しにミネラルが沈着しやすく、最も歯石ができやすいところです。
 歯石はブラッシングでは落とせないので、歯科医院で取ってもらう必要があります。

 上の画像は、歯石を取ったところです。
歯石があったところは、歯肉が赤く、炎症があるのが分かりますね。 
歯石はザラザラしているので、表面に新たなプラークが付きやすく歯周病の原因になります。

 定期的なスケーリング(歯石除去)とクリーニングは、バイオフィルムを破壊し歯周病予防において非常に有効です。
 近年では、歯周病と糖尿病や心疾患など、他の全身疾患との関連も明らかになり、歯周病予防は全身の健康にも非常に重要です。
 みなさんも、定期的な健診を受け、歯周病にならないようにしましょう。
Google +1
2013年7月 9日

7月13日は「よい歯の会」!!

こんにちは。歯科衛生士の真下です。
梅雨もあけ暑い日が続きますが、みなさん体調はお変わりありませんか?

今回は、歯周病について発表します。
歯周病の原因や治療法、予防について詳しくお話します。
また、食事改善方法についてもお話していきますので、参考にしていただけると思います。

ぜひご参加下さい。
Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。