« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年1月30日

丸橋ファミリー歯科の山本です

丸橋ファミリー歯科の山本です。先日、喫煙、受動喫煙についての
ショッキングな記事を見つけましたので、今回はそのお話をします。

 世界では、タバコが原因で毎年600万人が死亡し、現状を放置すれば
今世紀中に10億人タバコで殺されるとWHOが言っております。喫煙に
より死亡率が高まるのは周知の事実ですが、驚愕なのは受動喫煙の
危険性です。

 受動喫煙者が、1日に吸い込むタバコ煙の量は喫煙0.1~1本程度ですが
タバコ有害成分に対する感受性が喫煙者と異なるため、1日10本吸った
程度のリスクに匹敵するのだそうです。その結果、心筋梗塞のリスクを
4割、脳梗塞を7割、抹消動脈閉塞症を9割増やし、1~2割の人が
受動喫煙により早死にさせられます。また夫の喫煙で毎年数千人の
女性が肺腺癌で死亡。子宮頸がんも4割増えます。さらに中性脂肪が
増え、HDLが減り、ニコチンがインスリン抵抗性を増すため
メタボリックシンドロームや糖尿病にもなりやすくなります。

 小児では乳幼児突然死症候群、気管支喘息、呼吸器感染症
知的能力の低下、うつ病、不安障害、注意欠陥多動性障害の精神疾患
中耳炎のリスクが高まり、小児期早期から動脈硬化になるという
報告もあります。

 タバコの煙は広く拡散し、1本でドラム缶500本分の空気を汚すため
換気扇の下やベランダで吸っても受動喫煙は避けられません。
戸外で戸を閉めて吸っても呼気からかなり長時間タバコ煙の成分が
排出されるため、家族の受動喫煙を防ぐには禁煙しかないのだそうです。

 その他喫煙による害には、歯周病、むし歯、味覚異常、運動能力・発育低下
集中力・注意力・記憶力低下、インポテンツ、精子奇形、不妊症、先天奇形
イライラ、手のふるえ、不眠症などなど・・・

 ニコチンは、その依存度、耐性、超過死亡とも麻薬やアルコール以上であり
喫煙習慣はICD10国際疾病分類では薬物依存症とされています。
なんという毒ガスでしょう。喫煙している皆様、自分のため、そして家族や
子供のたちのため、ぜひ禁煙を目指しましょう。
Google +1
2013年1月24日

こんな被せものはいかが?

 
みなさん、こんにちは堀口です。
今年もよろしくお願いします。お正月にお伊勢参りをしてきました。
今年も歯科治療を通じて多くの患者様の笑顔を見れたらと思います。

さて、私の患者様で前歯の色を気にされている方がいました。 
確かに右上の前歯の色が他の歯に比べ変色しているのが明らかですよね。
過去に大きな虫歯の治療を受けたり、あるいはかみ合わせによる外傷などにより歯の神経
が死んでしまうとこのように歯が変色してしまいます。

様々な治療法を検討した結果、オールセラミックにて補綴することに決まりました。 
これが被せた直後のお口の中です。
光の反射を差し引いてもきれいに他の歯と調和がとれていると思います。

この被せものは900~1070度で軟化させたセラミックブロック材を鋳型にプレスし、歯冠
形態を形成します。プレス後は専用陶材などで最終形態および色調などをつけることができます。
金属を使いませんので質感が非常に天然歯に似ていて、扱っている私が見てもきれいだな
と思います。
やはり被せる歯は自然で、きれいなものがいいですよね。
条件を選ぶと思いますが、是非興味のある方は被せものを決める際に担当の先生とご相談
してみてください。 
Google +1
2013年1月15日

前歯のずれは顎のずれか、歯のずれか?

 みなさん、こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
昨日は、今シーズン初めて本格的な降雪があり、高崎市内は、うっすらと雪化粧をしました。
日陰はまだ少し雪が残っているので、ご来院の際にはくれぐれもご注意ください。

 さて、歯並びの悪い方は、上下の前歯の正中(真ん中)にずれがある場合がほとんどです。
多くの場合に、正中のずれのある方に下顎そのものがずれています。

 
           治療開始時


 矯正治療は、もちろん歯並びをきれいにする治療ですが、同時に顎のずれを直すためにも必要な治療です。
歯そのものの生えている場所にずれがあると、咬み合わせの邪魔になり、下顎を無意識のうちにずらして咬むようになってしまうのです。
 特に、成長期にある子供の場合には、骨格や筋肉、顎関節などがまだ完全には出来上がっていないので
顎や咬み合わせのずれを直すには非常に重要な時期なのです。

 写真の患者さんは12歳のお子さんですが、上下の咬み合わせが深いため、下顎の前歯がほとんど見えません。
また、下顎が左(矢印の方)にずれ、 上下の正中が不一致なのが分かります。
 
 
       治療開始11カ月後
  
このケースは、歯を抜かずに治療していますが、非抜歯で矯正治療をすると、臼歯部の歯が上に向かって整直して
咬み合わせの高さが高くなり、前歯の咬み合わせが浅くなります。
 同時に、上下の正中を合わせるように治療していくと、下顎のずれも治ってきます。
わずか11か月程度でも、子供であればこのように顎のずれの改善が可能になるのです。

 

 
Google +1
2013年1月 7日

丸橋全人歯科では大学病院レベルの衛生管理を行っています。

あけましておめでとうございます
本年も  丸橋全人歯科  丸橋ファミリー歯科 丸橋連雀町歯科 を
どうぞよろしくお願いします。

現在、インフルエンザやノロウイルスが蔓延していますが
皆様の健康はいかがでしょうか。
歯科治療においても細菌やウイルスなどの感染対策が重要なのは
言うまでもありません。
当院の感染対策は大学病院レベルで行っています。
(丸橋全人歯科 丸橋ファミリー歯科 丸橋連雀町歯科いずれも)

治療器具の高温高圧による滅菌処理はもちろんのですが
治療器具の中には高温高圧に耐えられないものがあります。
そのような治療器具には、あらゆるウイルス(HIVやHBV等)にも
強力な殺菌効果のあるホルマリンガスによる処理を行い高度な衛生管理を行っています。
ホルマリンガス殺菌器

お知らせ
本年より毎週土曜の診療が午前9:30から午後5:00までと
なり、より受診しやすい診療時間へと変更いたしました。
ぜひご利用ください。

Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。