« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年11月28日

咬み合わせと自律神経

丸橋全人歯科 亀井です。

 

現在、治療に応用している自律神経測定装置が大変興味深い結果を残しています。
歯並びの不良や咬み合わせ不良を持つ患者さんに対して、簡単な咬み合わせの修正(顎の位置の修正)を行うと多くの方が 自律神経のバランスが改善するのです。


今回導入した装置は指先の血液循環から測定するもので、ブログでも少し前に書かせていただいたものです。

この装置は、自律神経のバランスを指先に装置をはめ、 簡単に痛みもなく5分程度で計測できるのが特徴です。

自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。

体の活動(交感神経)と休息(副交感神経)を調整する神経で、体調の アクセルとブレーキの役目によくたとえられます。
この自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)が乱れると血液の循環が乱れ、頭痛、肩こり、手足の冷えや しびれを起こします。また自律神経の乱れは睡眠や免疫にも影響し、体の不調が 精神状態にも影響を及ぼすことは良く知られています。

咬み合わせ不良の方は、交感神経が活動しすぎて過度に緊張状態を示したり、逆に副交感神経が強くなりすぎて うつ状態になっている方が多くいます。しかし、応急的な咬み合わせの改善でも、治療進めた咬み合わせでも
これらの過度な神経の働きが緩和され、交感神経と副交感神経のちょうど良いバランスへと改善されていくことが

明らかに確認でき、咬み合わせの大切さを改めて感じています。

原因不明の不定愁訴がある場合、歯並びや咬み合わせを疑ってみる必要があると思います。

心当たりのある方は自律神経の測定は簡単なので一度検査されてみていかがでしょうか。

Google +1
2013年11月10日

審美的に優れたジルコニアクラウン

 みなさんこんにちわ。 辻本です。
 ずいぶん寒くなって来ました。 冬ももうそこまで来ています。
風邪などひかぬよう体調に気をつけてくださいね。
 先日、恒例の良い歯の会が開催されました。私も、診療が
終わって、院長先生の勧めるままに無農薬、有機栽培のかぶを
食べてみました。何もつけないで食べたのですが、まるで果物の
ような味わいでした。大根も人参も同じです。甘味があって、一般の
スーパーのもののように苦味が一切ありません。自然に体の一部に
なってゆくような感じです。 食べ物は大切ですね。

 さて、先日青木先生がご紹介したジルコニアクラウンの例を紹介します。
この方は、骨の問題があり、長い間悩まれていた方ですが、造骨(骨の再生術)
とインプラント治療により、上顎に3本歯を装着しました。              
  
        写真1
 
        写真2

写真1が治療前、写真2が治療後です。ジルコニアクラウンは治療後も歯肉の色が
明るく、見た目が非常にきれいです。
上顎の治療後、矢印の下顎の歯の治療も希望されました。

  
        写真3
根管治療を完璧に行い、写真3のように歯と弾性係数が近いファイバーコア(歯に
装着する土台)による白い土台を装着後、最終的なジルコニアクラウンを装着しまし
た。(写真4)
 
       写真4
審美的にも機能的にも患者さんには非常にご満足いただきました。

 前歯の審美的な仕上げがご希望の方には非常に良い治療法であると思います。
また、ジルコニアは使い方によっては歯の切削量を少なくできたり、金属アレルギー
の方に有効な他、熱をよく遮り、被せた後しみたりしにくいので生活歯の補綴物に
有利であったりと、まだまだ活用の幅があると考えています。  
ご興味のある方はご相談ください。
Google +1
2013年11月 1日

11月の良い歯の会のお知らせ

先月の良い歯の会の様子

10月は「虫歯予防と家族について考える」をテーマにお話しました。

(院長のお話の様子)




試食会では、「よく噛む」ものを中心に、おやつの食べ比べや有機野菜を食べていただきました。甘いお菓子類は虫歯を作るだけでなく、家族のかかわり、お子さんの発育などにも悪影響を与えます。

〈試食のメニュー〉
よく噛むおやつ(市販されているものと化学物質を含まないものと食べ比べました)
・ごませんべい
・柿の種
・あたりめ
・いり豆

よく噛めるおつまみ
・セロリとあたりめのサラダ
・大根葉とじゃこの炒め物

有機野菜
・ピーマン
・パプリカ
・にんじん
・山ごぼう

 


(試食会の様子)
 



スタッフからは、正しい虫歯の治療法と食事を中心とした虫歯予防について、スライドを使ってお話しました。

 
 

 
来月の良い歯の会は11月9日に「歯周病と生活習慣病を克服しよう」をテーマに開催します!
試食は・玄米もち
    ・有機野菜(にんじん、大根、カブ)
    ・有機農法のりんご         などを予定しています。

どなたでも参加できますので(参加費用は無料です)、お誘い合わせのうえご連絡ください。
(試食の用意の関係上、予約をいただけると有難いです)


みなさんのご参加をお待ちしています!

 
Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。