« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年7月11日

「良い歯の会」地域講演と健康相談 下仁田


みなさま こんにちは。
「良い歯の会」地域講演と歯の健康相談の会
7月24日(日)群馬県の下仁田で行います。IMG_20160711_0001.jpg

「良い歯の会」主宰の丸橋先生の話や 丸橋全人歯科院長の 辻本先生の講演を開催。
また、歯科の健康相談も行います。

歯周病や入れ歯、子供の歯並びやインプラント、最新の治療まで、この機会に
是非歯の不安を解消ください。

参加は無料です。 是非お誘いあわせの上ご参加ください。

Google +1
2016年7月 5日

定例 7月「良い歯の会」のご案内

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今週末7月9日(土)は、定例の「良い歯の会」を開催します。
今回のテーマは「歯周病と生活習慣病を克服しよう」です。
前半は丸橋理事長の講演、試食会を挟んで、後半は当院スタッフ砂道瞳美さんによる講演を予定しています。

img200.jpg


今回も、生野菜の食べ比べを予定しています。
無農薬の有機野菜の味と香りに、参加者の方はいつも大変驚いています。

当院の患者様でなくても、どなたでも参加できます。
ぜひ、ご参加ください。お待ちしております。

Google +1
2016年7月 2日

生活習慣に大きく左右される骨の再生能力

 
 みなさんこんにちは。
  
 蒸し暑くなってきましたね。 先日丸橋先生と話をしていたら、なすびがいいという話が
ありました。暑いときは、焼きなすびにしょうがを添えて食べてみたいですね。
個人的な願望ですが、早速、実践してみます。
 皆さんもいかがですか?

 さて、私もかれこれ5000例くらいの再生手術を行ってきました。
最近は手術の内容も安定しています。その上で比較をしてみると、生活習慣と
再生治療後の骨の固さには非常に大きな関係があります。
例えば、砂糖の過剰摂取や行き過ぎた飲酒、ストレスなど、骨の再生を妨げる
要因は多くあり、その都度患者さんに指導をしたり、サプリメントを使用したり
して、骨の活力を上げながら造骨再生治療を行っています。
 今日、東京から来られた方も、骨密度はレッドゾーンでしたが、サプリメント
が非常に効いて4か月ですが非常に硬い骨を確認できました。

 レントゲンは胃の部分切除を行っている方です。レントゲンが薄いので、書き込みを
してみました。(余計わかりにくいかも。。)
仕事に打ち込みすぎて、気づいたら食べ物が咬めない状況になっていました。
これではまずいと思い、インプラント治療を希望して来院されました。
   治療前.jpg
上顎の赤の破線で囲んだ、上顎洞は骨がない空洞部分ですので通常このままでは
インプラントができません。
下顎も黄色い線で示した神経があり、このままでは幅も高さもないためインプラントが不可能で
す。
歯をすべて抜いてしまえば他の方法もありますが、患者さんは歯を残すことを希望していました。

 下の写真は治療後です。
赤い矢印の部分が造骨再生治療をした部分です。合計5回の手術を行いました。
  治療後.jpg
一度目は骨が十分固くならずどうなるかと思いましたが、サプリメントや食事等を工夫して、
見ていただくとわかると思いますが、相当固そうな白くなった骨が確認できると思います。
実際骨は、一回目にうまくいかなかったときに比べ、驚くほど硬くなっていました。
 ご本人の熱意が良い結果を生みました。
 胃がない分、口での「噛む」事による消化は非常に重要です。
健康の基本、噛むことを実現できて意欲がわいてきたと喜んでいらっしゃいました。
患者さんが喜ぶ姿は、私もうれしいかぎりです。

Google +1
2016年7月 1日

隙っ歯(スペーシング)の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、久しぶりのお天気で朝から暑いですね。
県外からお越しの方も多く道中長いので、熱中症にはくれぐれも気を付けていただきたいと思います。

さて、今回は隙っ歯(スペーシング)の治療例をアップします。
永久歯が萌出したての隙っ歯は、自然に治るケースが多いので、それほど心配する必要はありません。
しかし、永久歯列がほぼ完成しても歯と歯の間に隙間があるような場合には、発音障害や審美障害となるため矯正治療の対象となります。


隙っ歯の原因もさまざまですが、顎骨と歯の大きさのアンバランス(歯が小さい、あるいは顎骨が大きい)、永久歯の先天欠如や巨大舌、舌癖、口唇癖、異常嚥下癖などの悪習癖が原因となっていることもあります。

160701①.JPG
治療前。前歯部の歯間に隙間を認める。見えない装置での治療を希望したため、舌側矯正(リンガル)にて治療を行った。

160701②.JPG
治療後。歯間の隙間が無くなり、審美性が大幅に改善した。


隙っ歯の原因が筋機能異常や悪習癖(習慣)による場合は、これを改善しないと後戻りすることがあります。

舌の機能異常や悪習癖がある方は、機能訓練を行う必要がありますので、遠慮なくお申し出ください。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。