« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2013年10月31日

オールセラミックのための新システムを導入しました

丸橋連雀町歯科の青木です。


最近特にニーズが高まっているオールセラミックに十分に対応すべく、インプラントでは世界一とうたわれるノーベルバイオケア社が開発したプロセラシステムを導入しましたので、ご紹介します。


オールセラミッククラウン


長年、前歯の審美性の要求される場所にはメタルボンドと呼ばれる、金属のフレームに陶材を焼き付けたものが使われました。陶材のみで作ったものは強度不足で破折しやすいてめ、土台(フレーム)の部分を金属で製作することによってその弱点を補ったわけです。しかし、近年増え続けている金属アレルギーの問題、金属のフレームが光の透過を妨げるため天然歯との違いが生じてしまうなどの審美的問題があり、そのような弱点を克服したのがオールセラミッククラウンが開発されたわけです。


【上図:金属を土台にしたメタルボンドとオールセラミッククラウンは一見同じように見えますが、中からライトで照らすと、オールセラミックは眩しいほど輝きますが、メラルボンドはほとんど変化がなく、その光の透過性の違いが一目瞭然です。】


オールセラミックによる補綴物もさまざまな種類がありますが、特に審美性が要求される部分につかわれるものは、土台の部分に白いジルコニアを用い、その上に歯の色を再現した陶材を重ねることで、天然歯と瓜二つな歯を作っていきます。しかし、その土台となるジルコニアは非常に硬い素材で、金属や陶材のように溶かしたり焼いたりして作ることができず、コンピューター制御されたミリングマシンでジルコニアのブロックから削り出して作るといった特殊な技術が必要になります。


下の写真は患者様の歯型模型をPCに取り込むための3Dスキャナです。取り込まれたデータを使いPC上でジルコニアフレームの形態の設計を行い、そのデータは幕張にあるプロセラ・プロダクションセンター「幕張プラント」へと送り、最新設備の整った環境にてジルコニアフレームが製作されます。出来上がったジルコニアフレームには丸橋歯科の熟練の技工士が陶材を盛りつけ、審美性の高いオールセラミッククラウンへと仕上げていきます。


患者様の間でもオールセラッミクは認知度が高く、要望する声も日増しに多くなっているように思います。


オールセラッミクに関するご相談等がございましたら、丸橋歯科にてお気軽にお尋ね下さい。

Google +1
2013年10月17日

東京講演の相談会で受けた質問について

 こんにちは。丸橋ファミリー歯科の礒野です。
最近、急に肌寒くなってきましたが
皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

 来月の11月9・10日、東京にて日本全身咬合学会が
開催されます。私事で大変恐縮ですが、その学会で演題発表しますので
11月9日(土曜日)は、お休みを頂きます。
その日は、毎週水・金曜日、本院から診療に
いらして頂いている堀口先生が診察いたしますので
宜しくお願いいたします。

 去る10月6日東京信濃町にある日本青年館にて歯科無料相談会が
開催し、沢山の方に足を運んでいただきまして誠に有難うございました。
来場された多くの方に、「東京で良い歯科医院を紹介してください。」
とよく質問されました。
来場していただいた方のほとんどが、首都圏在住でしたので通院しやすい
場所に診療所があればと思うのは最もなことだと思います。
ただ、残念ながら我々も本当の所、どこ歯科診療所が良いわからないのです。
特にかみ合わせの治療やインプラントは、歯科医療の中では
難易度の高い治療となりますので、臨床経験が豊富な指導医のもとで
数年間研修を受けた歯科医でなければ行えない治療なのです。

かぶせ物をしたが、咬み合せがしっくりこなくて一日中気になるとか
インプラントを入れてから調子が悪いなど症状があり
近医を複数件受診しても変化がない場合は、一度当院を
受診されてはいかがでしょうか?

当医院は、咬合・インプラント等の各学会認定医・専門医が
在籍しておりますので、ご相談にいらして頂けましたら
適切なアドバイスが出来るかと思います。
職員一同、心よりお待ち申し上げます。
Google +1
2013年10月10日

東京歯科無料相談会にて思うこと・・・

こんにちは今回担当する堀口です。よろしくお願いします。さて、去る10月6日(日)、東京日本青年館にて歯科無料相談会が開催されました。

大変多くの相談者に来場していただき誠にありがとうございました。 
 
どのコーナーも大変盛況でして、私の担当した咬合体験コーナーも大勢来ていただきました。 
相談会をするたびに思うのですが、みなさん歯についての多くの悩み抱えていて、たくさんの歯医者さんに通われているにもかかわらず全く改善されていないこと・・・
一般に行われている保険歯科治療では細かいかみあわせまでなかなか治療が及べないのが現状ではないかなと思います。
よその歯医者さんに対してどうこう言えませんが、われわれの全人歯科治療ではかみあわせを通じ
体の不調の改善をはかることをねらいとしております。
今回の相談会を通じ、丸橋全人歯科を知っていただいた方是非当院に足を運んでみてはいかかでしょう。
お待ちしております。

 

Google +1
2013年10月 4日

10月12日(土) 良い歯の会のご案内

           良い歯の会のお知らせ

*9月の様子・・・9月14日(第2土曜日)に開催しました!今回もたくさんの方がご参加されました。

○講演
〈前半〉院長先生より「環境と人間の生き方を考える

 

〈後半〉Dr.辻本「歯で手に入れる快適な睡眠と健康」

○試食会・良い歯の会推奨 具沢山味噌汁、3分搗き米おにぎり、季節の有機野菜、ぶどうの食べ比べなど

今回の具沢山味噌汁も大変好評でした。
だしは、干しシイタケに昆布、煮干しを使いました。
具は、ジャガイモ、にんじん、たまねぎ、大根、茄子、えのきだけ、油揚げ、ミョウガ、いんげんを使いました。まさに具沢山ですね。


 今回も、有機栽培のおいしい野菜と果物を販売しました。ピーマン、トマト、茄子、ミョウガ、リンゴ、葡萄など・・・
 非常に人気があって、毎回全部売り切れてしまいます。

〈参加された方の感想〉

  ・「環境の程度の生命力」環境の大切さを再認識した

  ・「良いことをみなで分かち合う」という言葉が印象に残った

  ・本物の野菜は体に自然に染み入る感じがした

               ・・・など、たくさんの感想がありました

*10月の良い歯の会のご案内*

           10月12日(第2土曜日) 1:30~

 〈前半〉院長 丸橋賢「虫歯予防を中心に家族を考える」

〈後半〉カリエス班 徳重 佳菜子「いつまでも健康な歯を保つために」

〈試食〉歯に良い(よく噛む)おやつ

    ・柿の種、さきいかの食べ比べ、ごませんべい

    ・セロリとさきいかのサラダ

    ・有機生野菜(にんじん、カブ、ピーマン)

                     を予定しています

※どなたでも参加できます   ※参加は無料です

※人数把握のため、予約をしていただくと有難いです

 TEL:027(323)9524  027(322)0845

               みなさんのご参加をお待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。