« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2014年11月30日

インプラントとMRI検査

 みなさんこんにちは。 辻本です。
少し暖かい日が続いていますが、あさってから少し気温が下がるようです。
「寒い」と感じたら免疫力がさがって風邪をひきやすいようです。皆さんも
経験がありますよね。
体温が1℃下がると免疫力が30パーセント下がると言われています。
「寒いな」と感じたら、放置せず、すぐに衣服を着こむなど、こまめに対処
をすることが大切ですね。寒暖の差が激しいですが、風邪などひかないよう
にしましょうね。

 さて、患者さんから「インプラント治療を受けるとMRIの検査が受けられない
のですか?」
とよく質問を受けます。
中には、医科の総合病院のドクターから、「検査に影響がないと一筆書いてくだ
さい。」とお願いされたり、今から検査をするが影響はないかと問い合わせの電話
を受けたりすることもあります。
私の患者さんに、大学病院のお医者さんがいて、MRIの検査についてお話したこと
があります。なんでも、検査室に消火器を置いておくと、磁力を受け、ものすごい
勢いですっ飛んでゆくそうです。
 でも、安心してください、インプラントはMRI検査に影響はありません。
MRI検査で影響を考えなければならないのは三つの点です。
一つは、画像のひずみについてです。これについて研究をされてた先生がいて、
脳にもっとも近い上顎第二大臼歯部に埋入されたインプラントも画像に影響しな
いことが報告されています。
二つ目は、磁場から力を受けるかという問題ですが、インプラントの材質である
チタンは磁性金属ではなく、影響をうけません。
三つめは、金属原子の振動による発熱です。青い刺青をしている方は、MRI検査
を受けるとやけどをすることがあります。コバルトを含んでいるためです。学会
報告によるとチタンは検査に使用される程度の強力な磁場を検査に擁する以上の
長時間かけても、0.5℃前後の発熱しか認めなかったようです。
 一般に、強磁性金属にはみなさんよくご存じの、鉄の他コバルト、ニッケルが
ありこれらを含む合金も磁性を持つといわれています。
MRI検査室の入口近くに、「入れ歯、矯正装置、インプラントをされている方は
お申し出ください」と記載されていることがあるようですが、昔のブレードタイプ
のインプラントに、コバルトークロム合金で製造されたものがありました。その
名残でそう書かれているものと思います。
 つまり、純チタン製のインプラントを使用している限りMRI検査は心配ないと
言えます。
 

Google +1
2014年11月19日

高齢者が入れ歯を入れたまま就寝すると、肺炎リスクが2.3倍に!!

丸橋ファミリー歯科の青木です。

 平成23年、「肺炎」が「脳血管疾患」を抜いて、日本人の死亡原因の第3位に躍り出たことをご存知ですか?  これは高齢化が進んだということが要因のようですが、体力、免疫力が低下した高齢者がいったん肺炎にかかると重篤化して死亡してしまうケースが多いからです。高齢者が健康に長寿を全うするためには肺炎予防が大切な課題になります。

日本人の死因

  • 1位 悪性新生物
  • 2位 心疾患
  • 3位 肺炎
  • 4位 脳血管疾患

肺炎予防には以下のようなことがあります。

1 免疫力を高める

禁煙、持病の治療、規則正しい生活、十分な栄養

2 予防接種

肺炎の原因となる、インフルエンザや肺炎球菌の予防接種を受ける

(成人用肺炎球菌ワクチンが定期接種になったということで、テレビでも肺炎の予防接種のCMが度々放送されていますね。ちなみに予防接種で全ての肺炎が予防できるわけではないですが、肺炎の原因菌で最多なのが肺炎球菌であること、インフルエンザウイルスが細菌感染を助長するなどの理由から予防接種がかなり効果的なようです。)

3 感染予防

うがいや手洗い、マスクの着用、歯磨きなどで口腔内を清潔に保つ、誤嚥を防ぐ など。

 高齢者になると、飲み込みや咳がうまくいかず誤って気管に食物や唾液が入ってしまいますが、その際お口の中の細菌やウイルスが一緒に入ってしまい、それが肺炎の原因になってしまいます。ですから、常にお口の中や入れ歯を清潔に保つことが重要になります。


 この10月に、85歳以上の高齢者が入れ歯を入れたまま就寝すると、肺炎にかかる危険性が2.3倍に上昇するという論文が、日本大学歯学部と慶応大学医学部により発表されました。また、入れ歯をつけたまま就寝する人は、そうでない人に比べて、舌や義歯へのプラークの付着、歯肉の炎症、カンジダの感染が多く見られたそうです。

 基本的に寝るときは入れ歯を外し、その間入れ歯は洗浄剤などで消毒できればベストでしょう。しかし、入れ歯を外さないほうが良いケースもありますから、主治医のアドバイスに従ってください。

 ところで、市販の入れ歯洗浄剤は時に入れ歯のバネの部分を黒く変色させてしまうものがあります。そのような悪影響のでない中性タイプの入れ歯洗浄剤があります。当院でもご用意させていただいていますので、必要な方はお声がけください。(歯科用入れ歯洗浄剤 キラリ)

キラリ.jpg

丸橋ファミリー歯科 青木

Google +1
2014年11月 6日

奥歯がなくなると太る?


 こんにちは。丸橋連雀町歯科の礒野です。
日ごとに冷え込んでまいりましたが、皆様は
いかがお過ごしでしょうか?

 今回は、奥歯を喪失したことによる影響について
お話させていただきます。

 奥歯が消失することにより、食事のスピードが早くなり
食事の時間が、短くなる傾向があります。
つまり、奥歯がないため食物をゆっくりすりつぶすことが
できないので、前歯で噛み切って飲み込んでしまうため
あっという間に、満腹感を感じる前に大量に食べてしまうのです。

食欲は、満腹感によって抑制されますが
満腹感は、血糖値と大きく関係しているのです。

食欲は、脳の中枢にある満腹中枢と摂食中枢により
コントロールされており、体内からの信号によって
空腹感や満腹感を感じるようになってます。

通常血糖値は、食べ物が体内に入ってから30分程度で
上昇するので、ゆっくり食べていると血液中の血糖値が
上がり、大脳に指令が届き満腹感を感じるのです。
そのため、必要以上に食べ過ぎることがないのです。

逆に、奥歯がないと血糖値が上がらないうちに
大量に食べてしまうため、満腹感を感じたときには
本来必要なカロリー以上の量を食べてしまっているため
太ってしまうのです。

ですから、奥歯が無くても食べられるからと
放置してますと、肥満のみならず高血圧、糖尿病などの成人病に
かかりやすくなるため、早めに歯科医院を受診されることを
お勧めします。

Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。