« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年6月21日

片側抜歯の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、午後からよく晴れて暑くなりました。
九州では記録的な大雨を記録しており、被災地がとても心配です。
度重なる地震のために地盤が相当緩んでいると思われますので、土砂崩れや土石流にも十分注意してください。


さて、今回は片側抜歯のケースをアップします。

矯正治療では、歯の大きさと顎の大きさのミスマッチをすり合わせるために、便宜的に抜歯をすることが多々あります。
通常、上下の同名歯(同じ種類の歯)をセットで抜歯することが多いです。
また、上顎前歯の正中(真ん中)が顔の真ん中に来るようにするために、左右の歯を抜くことも一般的です。

しかし、抜歯する本数が多くなると、歯列形態(アーチフォーム)が小さくなり、口腔内が狭くなります。
これを避けるために、まれに片側のみ抜歯をすることがあります。

160621①.JPG
治療前。上顎右側側切歯の舌側転位と反対咬合を認める。右側の上下第一小臼歯のみを抜歯し治療を行った。

160621②.JPG
治療後。反対咬合は改善し、きれいな歯列となった。


片側のみの抜歯を行った場合、前歯の正中は歯を抜いた側へずれます。
片側抜歯は歯を抜く本数が少なくて済むという反面、左右の歯数が異なるために歯列が左右非対称になる、また顔に対して歯の正中がずれるというデメリットもあります。
このため、片側抜歯はこのデメリットをはるかに上回るメリットがある場合にのみ行います。

治療方法について、分からないことがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月20日

骨格性反対咬合による顎偏位症の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
暑い日が続いてますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
水不足で各地で給水制限がでていますね。
節水を心がけましょう。


さて、今回は骨格性反対咬合による顎偏位症の治療例をアップします。
骨格性反対咬合は、下顎の過成長もしくは上顎の劣成長によって生じるものですが、そのほとんどは下顎の過成長を伴います。

下顎が過成長を呈するとき、その多くが左右いずれかの方向にずれ(偏位)を起こし、左右対称にまっすぐ過成長することはあまりありません。
このため、骨格性反対咬合のヒトの顔貌は、左右非対称であることがほとんどです。


160618①.JPG
治療前。下顎正中正は大きく左(向かって右)に偏位し、顔貌の左右非対称も著しい。上顎の第二小臼歯および下顎第一小臼歯を4本抜歯し、上顎臼歯を前方に、下顎前歯を後方へ動かしていく。


160618②.JPG
治療後。反対咬合が治り、正中のずれもかなりの改善を認める。顔貌の非対称も良くなった。


骨格性の反対咬合は、程度によっては外科矯正の適応になることも少なくありません。
もちろん、どうしても手術を受けたくないという患者さんもいます。
そのような場合、矯正用インプラントを使用することで、外科矯正せずに通常の歯列矯正だけで噛み合わせを改善できるケースもあります。
反対咬合でお悩みの方は、まずはご相談ください。


群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月17日

混合歯列期の反対咬合の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、朝から良い天気に恵まれ、暑いですね。
最高気温は31度で、昨日より9度も高いです。
室内でも熱中症になることがありますので、水分補給をこまめにしましょう。


さて、今回は混合歯列期の反対咬合の治療例をアップします。
混合歯列とは、乳歯と永久歯が混在している歯並びです。
永久歯は、6歳くらいになると、下顎前歯部から生え変わります。
これに少し遅れて、7歳くらいになると、上顎前歯が生え変わってきます。

このとき、上下の前歯の萌出がうまい具合にいかないと、クラウディング(叢生)や反対咬合を生じます。もちろん、顎や歯の大きさが影響していることはいうまでもありません。


160617①.JPG
治療前。上顎側切歯の舌側転位および下顎中切歯の唇側転位転を認める。上下4前歯が反対咬合となり、下顎の運動を規制している。放置すると、下顎骨および顎関節の成長発育に悪影響を及ぼし、顎偏位症を誘発する。また、反対咬合を呈する下顎中切歯は、咬合性外傷によって歯槽骨の吸収ならびに歯茎の退縮、知覚過敏を惹起する。早期の改善が必要なケース。

160617②.JPG
Ⅰ期治療後。下顎前歯にわずかに叢生が残るものの、反対咬合が改善しているのがわかる。Ⅰ期治療の目的は、子供の成長発育にとって有害となる事象を取り除き、正しい成長発育を誘導するところにある。

160617③.JPG
Ⅱ期治療開始前。上顎右側犬歯の萌出スペースが無くなり、唇側転位(八重歯)となった。右側の噛み合わせは、左側に比べて上下の隙間が目立ち、噛み合わせが悪いのがわかる。非抜歯では前歯の前突をきたすため、右側の上下第一小臼歯2本を片側抜歯してスペースを確保し、Ⅱ期治療を行うこととした。

160617④.JPG
治療後。八重歯とクラウディングが改善し、きれいな歯並びとなった。歯列不正を歯列矯正で正すことは、審美性の改善だけに止まらず、正しい噛み合わせの獲得、ひいては顔貌や姿勢、重心バランスを整えることにおいても非常に重要。


歯列不正は、見た目の問題だけでなく、咀嚼や嚥下、発音などの機能的な問題を引き起こし、さらには下顎位を決定づけるうえで障害となることが少なくありません。

下顎位のずれは、すなわち顔貌や姿勢の歪みを引き起こします。

成長期の歯列不正を正すことで、子供たちの成長を正しい方向に導いていくことが、歯列矯正の目的の一つでもあるのです。

歯列不正が疑われる場合には、早めの受診をお勧めします。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月16日

下顎前歯の先天欠如の治療例~3incisor(3本前歯)

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
毎週月曜日と木曜日は、丸橋理事長先生が野山の草花をご自身で持ってきてくださいます。

1階から2階に上がる階段の踊り場は、いつも可憐な花が、そして時にはダイナミックな樹木の枝葉の彩りが、通りかかる人の心を癒しています。
そして、清々しい草花の香りが院内全体をやさしく包んでくれます。


今日の草花です。
DSC03095.JPG
カラマツソウ、オカトラの尾、トリアシショウマ、ススキ


さて、今回は下顎前歯の先天欠如の治療例をアップします。

先天欠如とは、生まれながらにして歯が無い状態を指します。
先天欠如は決して珍しいものではなく、臨床では頻繁に遭遇しますが、原因がはっきりとはわかっていません。

特に先天欠如の頻度が高いのは、第三大臼歯(親知らず)、下顎第二小臼歯、上顎側切歯、下顎側切歯などです。
先天欠如は、歯列不正や咬合不良の原因となるばかりでなく、しばしば審美的にも問題となります。

特に、矯正治療を行う場合、上下左右の歯数の不揃いにより、治療の計画や仕上がりを難しくします。


160616①.JPG
治療前。上顎中切歯が前突して正中に隙間がある。また、噛み合わせが深いために下顎前歯が上顎の口蓋に噛みこんでいる。下顎左側側切歯が一本先天欠如しており、乳歯が残存している。非抜歯にて治療を行った。


160616②.JPG
治療後。上顎前歯の前突とスペーシングが改善し、美しい歯列となった。下顎前歯が3本で(通常は4本)上下の歯数が異なるため、上下の正中線は不揃いとなるが、機能的・審美的に問題はない。

先天欠如があると、乳歯が成人になっても残存し、噛み合わせ不良、歯列不正、そして審美不良の原因となります。

歯列矯正では、歯が並ぶスペースを確保するために健全な歯を便宜的に抜歯をすることが多々あります。
もし先天欠如が存在する場合には、この便宜抜歯というデメリットを逆手にとって矯正治療で歯をきれいに並べることもできます。

先天欠如でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月15日

歯と顎骨の大きさの不調和は、抜歯矯正の適応~クラウディング「叢生」の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は朝から小雨がぱらつき、涼しくて過ごしやすい一日ですね。

さて、今回はクラウディングの治療例をアップします。

歯の大きさや顎骨の大きさは、遺伝的な素因が大きく、歯列不正を予防するのはなかなか難しいといえます。
歯列不正を有する場合、歯と顎骨の大きさの不調和を解消し、きれいな側貌、正しい噛み合わせに誘導するために抜歯を行うことが多くあります。
もちろん、基本的にはまず非抜歯での治療が可能かどうかをよく検討します。

現在、矯正治療にインプラントが応用されるようになり、確実に非抜歯での治療の幅が増えてきました。
それでも、やはり抜歯が避けられないケースは多々あります。

最近では、非抜歯矯正が流行っていますが、抜歯・非抜歯は決して安易にもので決定できるものではありません。
無理に非抜歯での治療を行えば、前歯が出て口元が突出してしまったり、歯茎が下がって歯がしみるようになったり、歯並びの後戻りを起こしやすくなります。

ですから、きちんとした診査・診断に基づいて抜歯が必要と判断されるならば、やはり抜歯を行うべきと考えています。
実際に、歯列矯正を行おうとする場合、おおよそ7~8割の人が何本かの抜歯が必要と判断されています。

160615①.JPG
治療前。上下顎とも、前歯部にクラウディング(叢生)を認める。診査・診断の結果、上下左右の第一小臼歯の4本の抜歯が避けられないと判断した。


160615②.JPG
治療後。前歯部の叢生がとれ、美しいな歯列となった。前歯部の反対咬合は、しばしば顎偏位症の原因となるので注意が必要。

抜歯・非抜歯の判断には、グレーゾーンも存在するため、グレーゾーンにある場合にはまず非抜歯にて治療を進めます。

このため、仮に非抜歯で矯正治療を始めても、治療の過程でどうしても方針を変更せざるを得ないこともあります。

事前にわかることは、なるべく前もってお伝えするようにはしていますが、何かご不明な点があれば、いつでもお気軽にご相談ください。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月14日

よくある上顎側切歯の舌側転位の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、天気は今一つですが、相変わらず蒸し暑く過ごしにくい一日です。

さて、今回は上顎側切歯(前から2番目の歯)の舌側転位の治療例をアップします。
上顎側切歯は、上顎中切歯(真ん中の歯、1番)の次に生えてくる歯です。
実は、この上顎側切歯、舌側に生えてくるケースが非常に多く見られます。

乳歯列の前歯は、通常、歯と歯の間が空いている「すきっ歯」が理想です。
乳歯列の時に、歯と歯の間に隙間がなく、ぴったりと歯が並んでいると、大きさが一回り大きい後継の永久歯の生える隙間がなくなるためです。

乳歯列で「すきっ歯」でない場合、永久歯列はクラウディング(叢生)になる可能性大です。

上顎骨の成長は、10歳ころまでに成人のおおよそ9割にまで達します。
これ以降、自然に上顎歯列が広がり、クラウディングが解消していくことは難しくなっていきます。


160614①.JPG
治療前。上顎側切歯の舌側転位とそれに伴う反対咬合を認める。口元に突出感もあるため、上下第一小臼歯を4本抜歯し、上顎側切歯の噛み合わせを改善していく。


160614②.JPG
治療後。上顎側切歯がきれいに並び、審美性、清掃性、そして咬み合わせが改善した。口
元の突出感もなくなり、美しい側貌となった。

乳歯列は、「すきっ歯」であるほうが、永久歯への生え代わりの際に有利です。
このためにも、お子さんがなるべく小さいうちから、よく噛む食事の習慣が身につくようにしましょう。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月13日

成人の骨格性反対咬合の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、久しぶりに朝から土砂降りの雨で、烏川もだいぶ増水していました。
渇水がいくらかは解消するといいですね。

さて、今回は成人の反対咬合の治療例をアップします。
成長期の反対咬合は、下顎の成長発育に伴って治療期間が長期化することは、すでにブログに書きました。
では、成人の反対咬合はどうでしょうか?

成人の場合も、やはり歯槽性と骨格性の反対咬合が存在します。
成人が成長期のヒトと大きく異なるのは、現状の顎骨の大きさが変化しないということです。
当然といえば、当然ですよね。

ですから、成人の反対咬合の治療目標は成長期のヒトと比べて立てやすいといえます。
歯列矯正だけで治療可能か?あるいは外科矯正が必要か?臼歯(奥歯)の補綴処置(被せること)が必要か?など・・・

しかし、やっぱり骨格性の反対咬合の治療は期間がかかります。
特に、成人では歯槽骨が緻密で硬くなるため歯の移動が緩慢になり、歯の移動に伴う痛みも成人のほうが感じやすいといえます。
このことからも、歯列矯正は若いうちに始めるのが得策ですね。

160613①.JPG
治療前。前歯の噛み合わせが反対になっているのがわかる。第一小臼歯を4本抜歯し、前歯部の被蓋と臼歯部の前後的なずれを治していく。


160613②.JPG
治療後。前歯の被蓋は正常になり、審美性が著しく改善し、発音も明瞭になった。もちろん、咬み合わせが改善することで、身体の重心バランスもよくなる。

反対咬合は、奥歯にかなりのストレスを強いる咬み合わせであり、将来的には奥歯が歯周病(咬合性外傷)になります。

反対咬合の治療は、見た目の改善だけでなく、咬合性外傷を予防するうえでもとても重要といえるでしょう。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、噛み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 

Google +1
2016年6月10日

iPad でカルテ確認ができるようになりました

丸橋ファミリー歯科の青木です。

患者さんには直接関係ないことなのですが、
iPadでカルテやレセプト(診療報酬明細書)が見れるようになり、
仕事がより効率的にできるようになりましたので、
ご報告します。

ipad air ②.png

タブレットを仕事に使うことは、今や世の隅々まで浸透していますから
あまり珍しいことではありませんが、
この春、パソコン本体を Wise Staff 9 という最新のものにバージョンアップ
できたので、ipad によるカルテ閲覧などが可能になりました。
他にも患者さんの様々なデータ閲覧、入力などができます。

ipad air ①.png

他にもできるだけ仕事を効率良くスマートにできるように
iPadを様々な用途に使ってきました。
Apple が大好きな自分としては「 iPad 無しでは仕事ができない」状態が
理想形なのですが、
今回の機能向上でより理想に近づいたかもしれません。
(写真はCGで作ったイメージ画像です)

Google +1

歯周病の矯正治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日は、朝から良い天気で、暑くなりそうですね。
室内でも気温が高くなりますので、熱中症には気を付けましょう。


今回は、歯周病の治療例をアップします。
歯周病は、歯根を支える歯槽骨が溶けて、歯がグラグラする病気です。
このため、歯周病になると、歯が動いて歯並びが悪くなることがあります。

また、歯並びおよび噛み合わせが悪いと、咬む力で特定の歯が外傷力を受けて歯槽骨が溶け、歯周病にもなります。

もし、歯周病で歯並びが悪くなったとしても、矯正治療で歯並びをきれいに治すこともできます。


治療前。上顎前歯の出っ歯とスペーシング(すきっ歯)、下顎前歯のクラウディング(叢生)を認める。下顎前歯が上顎前歯を強く突き上げているため、上顎前歯が歯周病(咬合性外傷)となった。このまま放置すると、上顎前歯のぐらつきは一層ひどくなり、いずれ抜け落ちてしまう。


.JPG
治療後。上顎前歯を内側に入れるために、クラウディングのある下顎前歯を一本抜歯し、3本前歯とした。上顎前歯の前突とスペーシングが改善し、審美性が向上した。

歯周病がある方の矯正治療は、まず、歯周病の治療をきちんと行う必要があります。
もちろん、重度の歯周病の歯は歯列矯正では残せないこともあります。
歯周病による歯列不正が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、咬み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
TEL027‐322-0845 


Google +1
2016年6月 9日

6月定例「良い歯の会」のお知らせ

 みなさま、こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今週末、6月11日(土)は定例「良い歯の会」です。

 良い歯の会では、36年前の発会当初より、歯のことはもとより、食の大切さについて訴えて参りました。
 おいしく、そして楽しく理解を深めて頂くため、本物食品の試食や、一般食品との食べ比べなどを行っております。もちろん無料です((´∀`*))

 <前回の参加者の方の感想>
 ●ごはん、具たくさん味噌汁とても美味しかったです。(ほっとする味です)食べ比べ でさらに有機、無農薬野菜の良さを認識しました。N.T様
 ●お米のおいしさがよくわかりました。また、人参の甘さにも驚きました。お米と具た くさん味噌汁を日々の食生活に取り入れようと思いました。Y.T様
 ●丸橋先生がお話しされた「食生活は生き方」「うずいている原初の願い」という言葉 が印象に残りました。K.M様
 ●添加物に異常に反応したり、農薬を敵視したりすることはあっても、ほんとうのおい しさとは何かをあまり考えてきませんでした。おいしい食事作りを目指します。M.K様
 など

 是非、ご家族でご参加ください。お待ちしています。


6月良い歯の会.jpg

Google +1

骨格性反対咬合の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
今日の高崎は、朝から小雨がぱらつき、どんよりとした空ですごく蒸し暑く過ごしにくいですね。

さて、今回は骨格性の反対咬合(受け口)の治療例をアップします。
骨格性の反対咬合とは、上顎骨の劣成長あるいは下顎骨の過成長、またはその両方に伴う反対咬合のことを指します。

歯槽性の反対咬合に対して、骨格的な問題をはらんでおり、治療がより難しく、一般的に治療期間も長くかかる傾向があります。

また、重度の骨格性反対咬合の場合には、歯列矯正だけでは解決が難しく、外科矯正の適応になることも少なくありません。

1.JPG
治療前。下顎前歯が上顎前歯よりも前方に出て、反対咬合を呈しているため、まず非抜歯にてⅠ期治療を開始した。


2.JPG
Ⅱ期治療前。Ⅰ期治療で反対咬合を改善するも、思春期成長に伴って下顎骨がさらに成長し、再び反対咬合を呈するようになった。下顎第一小臼歯、上顎第二小臼歯の4本を抜歯し、臼歯の咬合関係の改善を図る


3.JPG
治療後。反対咬合が改善し、臼歯の咬合関係も改善した。


子供の思春期成長発育スピードのピークは、男児13歳、女児11歳くらいで、それぞれ17歳前後、15歳半前後で身長の伸びも止まるといわれています。

上顎骨の成長発育はおおよそ10歳で成人の90%に達するのに対し、下顎骨の成長発育は思春期成長が終わるころまで続きます。

ですから、Ⅰ期治療で反対咬合が治っても、思春期成長で再び反対咬合が発現してしまうのです。

これが、反対咬合の治療が長引き、治療を難しくしている原因となっています。

家族性にみられる反対咬合は、骨格性の反対咬合である可能性が極めて高いため、治療の難易度が高くなるのですね。

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、咬み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  027‐322-0845 

Google +1
2016年6月 6日

成長期の反対咬合の治療例

こんにちは。丸橋全人歯科の海老澤です。
関東地方でも、ついに梅雨入りしてしまいましたね。
梅雨が明けるまでの一か月ちょっと、ジメジメして過ごしにくいですが、水不足に
なっている水瓶の水位は回復すると良いですね。


さて、今回は、成長期の反対咬合の治療例をアップします。


1.JPG
治療前。歯槽性の反対咬合。骨格には問題がなく、歯の萌出に伴って上下前歯の被蓋が反対になった。下顎は右前方(向かって左)にずれているのがわかる。上顎の前歯を前方に拡大し、下顎前歯を舌側に入れることで、前歯の正常な被害を獲得する。


2.JPG
治療後。前歯の被蓋が改善し、正常咬合になった。成長期の下顎のずれを放置すると、骨格的な変形を惹起するため、早めの改善が必要。


反対咬合は、歯列不正の中でも、早めに治療が必要な歯列不正です。
しかも、反対咬合になっている場合、左右のいずれかに下顎が偏位(ずれ)を起こしていることが多く、放置すると、骨格のゆがみや変形を起こし、顔貌の左右非対称につながります。

成長期のうちに治療を施すことで、このような骨格や顔貌の歪みをかなり予防できます。
ただ、治療期間が長くなりやすいのが、この反対咬合の特徴でもあります。
よい時期に治療を開始するためにも、定期的な健診は重要です。


群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、咬み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
027‐322-0845 

Google +1
2016年6月 4日

クラウディング(叢生)の歯列矯正の治療例

みなさま、こんにちは。
丸橋全人歯科の海老澤です。

今日の高崎は、雲が多いですが、とても蒸し暑く感じます。
本日は土曜日なので、診療がとても混んでいますね。
患者様には、大変なご不便とご迷惑をお掛けして申し訳ございません。


さて、本日はクラウディング(叢生)の治療例をアップします。


1.JPG
治療前。前歯部のクラウディング(叢生)の改善を希望して来院。歯はテトラサイクリン(抗生剤の一種)による変色がみられる。


2.JPG
治療後。上下左右の第一小臼歯を4本抜歯し、前歯部のクラウディング(叢生)の改善と被蓋(上下前歯の重なり)を付けた。


このような八重歯の症例は、犬歯(糸切り歯)が咬み合わせに参加せず、前歯や奥歯にかなりの負担がかかります。

犬歯は、顎を左右にずらした時に、上下の前歯同士、臼歯同士を離開させる(接触しないようにする)役割があります。これを犬歯ガイド(犬歯誘導)と呼んでいます。

犬歯がこの役割をしないと、その代役を前歯や奥歯ですることになるわけです。


ところで、犬歯はすべての歯の中で歯根の長さが最も長い歯で、上記の犬歯ガイドをするために与えられたものです。

したがって、余程の理由がない限り(例えば重度の歯周病や虫歯)、犬歯は抜いてはいけません。

このような理由からも、矯正治療では第一小臼歯(犬歯の一本奥の歯)を抜くことが多いのですね。


群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、咬み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
027‐322-0845 

Google +1
2016年6月 2日

歯列矯正の治療例をアップしていきます

みなさま、こんにちは。
丸橋全人歯科の海老澤です。

今日の高崎は晴天で、風もなく穏やかですね。
北海道では、季節外れの降雪があったようで、朝晩の寒暖差は大きくなっています。
風邪などひかぬよう、体調には気をつけましょうね。


ところで、不定期ではありますが、歯列矯正の治療例を少しずつアップしていきます。
歯並びでお悩みの方、あるいはこれから矯正治療を受ける方、また現在矯正中の方にとって、少しでも参考になればと思います。


.JPG
治療前。上顎左側中切歯が舌側に倒れ込んで、反対咬合を呈する。下顎前歯部は叢生(クラウディング)を認める。下顎の臼歯(奥歯)は舌側に倒れ込み、V字型の歯列を呈しているのがわかる。


2.jpg
治療後。非抜歯にて矯正を行った。上下顎とも、歯列が横に拡大され、U字型の左右対称なアーチになっているのがわかる。


非抜歯での治療では、臼歯が正直(アップライト)されるので、咬み合わせ高さが高くなります。裏を返すと、臼歯が舌側に倒れ込んでいる人は、咬み合わせ高さが低くなり、体調不良を訴える方が多くいます。

ご自身の歯並びをチェックする際、参考にしてみてはいかがでしょうか?

群馬・高崎の歯医者なら、矯正歯科、インプラント、審美歯科、咬み合わせ治療の丸橋全人歯科
〒370-0841 群馬県高崎市栄町21‐1  
027‐322-0845 


Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。