« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年6月29日

交通事故後の後遺障害がほぼ消えた!

こんにちは、辻本です。
梅雨というのにあまり雨が降らない日が続いています。
中途半端に曇っていると、自転車での通勤をどうしようか
毎朝、迷ってしまいます。
天気予報ではこれから梅雨明けにかけて雨が多くなるようです。
最近の異常気象、突然の大雨には気を付けてくださいね。

 さて、先日2年ぶりに私が治療した方の検診を受け持つ機会が
ありました。
その方は、2年ほど前に交通事故にあわれ、むち打ち症と診断され
後遺症に苦しんでいました。一通りの検診時のチェックと歯石等の
除去を行った後、咬み合わせを診る前に姿勢をチェックしました。
すると。。。
 首は右に倒れ、右肩が大きく下がっています。体幹(首から下、
腰から上)が左に曲がり、(つまりは背骨が左に曲がっています。)
骨盤も左上がりです。
正面から見ると逆「く」の字型に体が曲がっています。
顔を見ると口角が左に上がっています。
つまり、下顎が左にずれているのです。
 この2年の間に、整形外科に一年、その後整体、カイロ等に一年程
定期的に通っています。そうしないと吐き気を催すほど、左の肩・首が
痛く、凝りを感じていたのです。
 本人に大きな姿見の鏡の前に立ってもらい、姿勢や顔の曲がって
いる状況を確認してもらった後、当院でいつも行っている手順に従
い咬み合わせを調整しました。
 調整が進むと、「ふー、えーー。」とため息ともとれる呼吸を繰
り返します。信じられないくらい、肩が軽くなって、痛みが消えた
といいます。一通りの調整が終わったところで、再び鏡の前に立って
もらいました。
 姿勢が回復しています!肩は左右高さがそろい、首がまっすぐに
なり、体幹も地面に対してまっすぐに修正されています。
左手の5本の指がずっとしびれていましたが、今は軽度に中指が
しびれている程度だといいます。首から肩の筋肉を貫いて出ている
腕神経の症状が消えたのです。
もちろん、左肩や首の張りや痛みも消えています。本人は目をしば
たかせて驚いています。
 調整で姿勢が改善されることは、ほぼ99%間違いない事実で、
当院では何千人もの方で確認できています。
 現在、一部の歯科医師の間では、この交通事故後のむち打ち症を
咬合治療で治療するという動きがあるようです。
整形外科でお決まりの期間治療してもほとんど改善しない症状の
改善に咬合治療が有効だと考えています。
 今回の改善は、一つには咬ませるところをしっかり咬ませてある
当院の治療後のむち打ち症ですので、咬み合わせ調整のみで済んで
いると考えます。症状をとるにはいくつかのポイントを押さえて
おくことが重要なのです。

Google +1
2017年6月 7日

骨粗鬆症薬で顎骨の感染症が生じやすい‼

こんにちは。丸橋全人歯科の礒野です。
ここ最近は、寒暖の差が大きくなっており体調を崩しやすくなっておりますが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、骨粗鬆症と顎骨の感染症の関係についてお話いたします。

骨粗鬆症は、骨量が低下し軟化することにより骨折しやすくなる疾患のことで
高齢化に伴い、現在では罹患患者が1000万人を突破していると報告されております。

骨粗鬆症に罹患している患者さんの中には、骨量の減少を抑えるための薬剤を
内服している方もいらっしゃるかと思いますが、ここで注意が必要です。

内服薬の種類によっては顎骨壊死(顎の骨が腐ってしまうこと)を引き起こしやすくなる
副作用がある薬剤が処方されていることがあるのです。

その薬剤名はビスホスホネート系薬剤やデノスマブで、顎の骨の細菌感染に対する
抵抗力を弱めてしまうことがわかっております。

お口の中は、身体の中で最も細菌が存在している部位であり、また顎骨には粘膜を
貫通して歯が植立しているため、虫歯や歯周病などによって容易に細菌が顎の骨に
到達しやすいために、顎の骨が細菌感染するため顎骨壊死が発症しやすくなると
考えられているのです。

只、このような薬剤が引き起こす副作用の発症する確率は低いので
必要以上に心配される必要はありませんが、口腔内の清掃状態が不良の場合は
発症しやすいと報告されておりますので、処方されている方は定期的に
歯科医院を受診されることをお勧めします。

また、がん治療中の患者様の中には骨にがん転移している場合、上記の薬剤を処方されて
いる場合がありますので、確認された方が良いかと思います。

Google +1
Google +1

丸橋全人歯科
理事長 丸橋賢

丸橋全人歯科 理事長 丸橋賢

1944年群馬県生まれ。東北大学歯学部卒業。同学部助手を経て、1974年、丸橋歯科クリニック開業。1981年、「良い歯の会」活動開始。2004年、群馬県高崎市栄町に「丸橋全人歯科」を開業。現在、丸橋全人歯科院長。日本口腔インプラント学会、日本全身咬合学会会員。日本歯内療法学会認定医。
主な著書に、『癒しの思想』 『全人的治癒への道』 『〈全人歯科〉革命』(以上、春秋社)、『新しい歯周病の治し方』 『歯 良い治療悪い治療の見分け方』 『よくわかる顎偏位症の治療と予防』 『インプラントで安心』 (以上、農文協)、『退化する若者たち』『心と体の不調は「歯」が原因だった!』(PHP新書)、『歯で守る健康家族』(現代書館)、『生きる力 〈いのちの柱〉を取り戻せ』(紀伊国屋書店)、『すいせん村のねこやしき』『エリカのお花ばたけ』(ストーク) など多数。