咬合治療と矯正治療を併用した例 18歳 女性 神奈川県

●初診時口腔内
症例症例

歯並びの不良、口が開かない、肩こり、腰痛、疲れやすい、集中力がないなど、さまざまな不定愁訴を訴え来院。歯列不正により噛み合わせが不安定な状態です。

●スプリントで顎位補正
症例症例症例

スプリントで顎の位置と運動を適正に整えます。それにより、徐々に開口障害をはじめさまざまな症状が軽減してきました。

●暫間貼り付け
症例症例

スプリントで誘導した位置を仮の補綴物で維持し、歯列矯正の準備に入ります。

●矯正治療時
症例症例症例

歯列不正が著しいため歯列矯正を行いました。スプリントを外し、今まで誘導した顎の位置を矯正により歯の位置を整えていきます。

●咬合治療終了時
症例症例

歯列矯正終了後に仮の補綴物を外し、最終補綴物に変えて治療終了しました。初診時のさまざまな不定愁訴がなく、噛み合わせが安定した状態です。「顎の痛みや、肩こりもなくなり、集中力が出た」と話されていました。
 

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせ 予定表 県外からお越しの方 お車でお越しの方